ダチョウサーカス(Ostrich Circus)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

やりたくないけど「俺がやるよ!」

ダチョウサーカス

6種類のサーカス演目を、競りで3枚以上取らないように集めるカードゲーム。今年の春のゲームマーケットで発売された。クニツィアのバーストゲーム『ノミのサーカス』に勝るとも劣らない緊張感と笑いがつまっている。

出てくる芸はファイヤーリンボー、バス落下、熱々おでん、わさび寿司、粉まみれ、バンジージャンプとバラエティー番組にはおなじみ(?)のものばかり。5枚の場札から2枚がめくられ、順番にその芸をやるかどうか宣言する。やりたいときは「俺がやるよ」、降りたいときは「どうぞどうぞ」。

2人以上やりたいときは、もう1枚めくって2周目。こうして誰か1人になるまでカードを増やしていく。最後に残った1人は、場札を引きとって自分の前に並べる。

自分の前に並んだカードは、1種類につき2枚までは得点になるが、3枚以上取ると客に飽きられてしまったことになって失点になってしまう。ある程度は取りたいが、どのカードも満遍なくくるとは限らない。むしろ取りたくない場面のほうが多い。

しかし、降りたら降りたでチキンチップを取らされる。やらぬも損のチキンレースである。チキンチップを取らないで降りるには、誰かが我慢しきれずに降りて場のチップがなくなったところで降りるのがよい。でもみんながそう考えているから、チキンレースは一層激しくなる。ほかの人がどの芸ならOKで、どの芸はアウトなのか見極めておかないと痛い目にあうだろう。

競りのシステムが、ゲームとして面白いだけでなく、ゲーム中の笑いも取れるようになっているのが素晴らしい。もう1枚くらい大丈夫かなと思って「俺がやるよ」と言ったら、今まで「俺がやるよ」と頑張っていたみんなが全員「どうぞどうぞ」と降りてしまったり。そんなときはもちろん、「聞いてないよ〜!」。

ダチョウサーカス
川崎晋/カワサキファクトリー(2011年)
3〜4人用/6歳以上/20〜30分
絶版・入手難

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください