『ひも電』、アスモデ出版から発売決定

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツのボードゲームニュースサイトspielbox-onlineによると、ひもをレールに見立てる国産同人の鉄道ゲーム『ひも電』(OKAZU Brand)が、今年アスモデ出版(フランス)から一般発売されることが分かった。第一作の『ひも電』が来月のニュルンベルク玩具見本市で、第二作の『ひも電輸送編』がエッセン国際ゲーム祭にて発売される。

ひも電(英題String Railway)』は駅と駅をひもでつないで得点を増やす斬新なゲーム。2009年のゲームマーケットで発売、翌年にヤポンブランドでエッセン国際ゲーム祭に出展された。これをバージョンアップしたのが『ひも電・輸送編』で、昨年春のゲームマーケットで発売、同年のエッセン国際ゲーム祭に出展されている。

このゲームのインパクトは大きく、ドイツのボードゲーム専門誌「シュピールボックス」でどちらも大きく取り上げられたほか、イギリスのサプライズド・ステア・ゲームズがひもをクリップに替えた『ペーパークリップ鉄道(Paperclip Railways)』を制作した。国際ゲーマーズ賞審査員のL.レヴィー氏(アメリカ)は先日、『ひも電・輸送編』を2011年1番のサプライズと評したことでも話題となった。

アスモデ社はフランス以外にもアメリカ、ドイツなど国際的に展開しており、これまで限定生産で入手難だった『ひも電』が手に入れやすくなる。日本に逆輸入されることも考えられる。

spielbox-online:String Railway kommt nach Deutschland

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください