フォルミカ(Formica)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

捕まえられるか五分五分

磁石を使ったボードゲームは多い。くっつくという性質を利用したもの(『ベッポ』『カヤナック』『オバケだぞ〜』)が多いが、反発する性質を使ったもの(『おしゃれパーティー』)も少しある。このゲームでも、くっつくか反発するかは、合わせてみてのお楽しみである。

このゲームのオリジナルはイギリスで1987年に発売された『アンティシペーション(Anticipation)』。やがてデンマーク、ドイツ、オーストリア、ノルウェー、ハンガリーで発売。90年にデンマークのゲーム賞を受賞、91年にはドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされている。ドイツ語版を扱った日独の共同会社バンダイ・フキはこのゲームの発売から5年間ほどしか存在しなかったが、その間に『さまよえるオランダ人(Der Fliegende Holländer)』など10タイトルほどをリリースした。

アリの一族が、ほかのアリを捕まえて巣に連れ帰り、7匹集めて女王アリを作るゲーム。サイコロを2つ振ってアリを移動し、同じマスに止まったアリの上に重ねてくっつけば連れ帰れる。

アリのコマには磁石が内蔵されているが、どちらの極が上かはくっつけてみないと分からない。反発すると、逆にそのアリに捕まってしまう(裏返しにして、下にくっつける)。ほかのアリを巣まで連れ帰る(ちょうどのマスで止まる)と、裏の模様を見て、女王アリのマスに並べる。

女王アリは7種類のアリのコマでできあがり、その7種類を最初に全部集めた人が勝ち。先行して何匹か集めている人は、集めるべき残りの種類が限られ、上がりにくくなる。一方、後れをとっても一度に集められるので逆転可能だ。

連れ帰った自分のアリは再利用でき、いらない絵柄のほかのアリは中央の牢屋に入れる。中央の牢屋にたまったアリは、そこまで行けば一度にまた連れ帰ることができるのだ。

重なっているアリでも、くっつきさえすればたった1匹で捕まえられる。一度にたくさん連れ帰れば、後れても逆転できるだろう。こうしてみんなが狙うアリのタワーはどんどん高くなる。「返り討ちにしてくれるわ!」誰が最後に連れ帰れるかで盛り上がった。

ゾロ目が出ると、バリケードを置くことができる。これでタワーになっているアリを封鎖し、その間に自分の巣から刺客を送るという方法もある。バリケードを解除して、見事逃げ帰るまでドキドキしっぱなし。

序盤は1〜2匹で安全に連れ帰る展開。だが中盤になると、アリのタワーがどんどん高くなっていく。1つ目のタワーは、全く取れていなかった私が獲得してみんなに追いつく。そのまま2つ目のタワーも取って一気に逆転といきたかったところだが、遠くから取りに来た鴉さんが執念で持ち帰り優勝。最後のアリのタワーは見ていて圧巻だった。

Formica
M.ローリガン、S.レイ/バンダイ・フキ(1987年)
2〜4人用、8歳以上、60分
絶版・入手難

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください