『ディクシット:ジンクス』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは本日、人気コミュニケーションゲーム『ディクシット』をコンパクトにした新作『ディクシット:ジンクス(Dixit Jinx)』日本語版を発売した。3〜6人用、8歳以上、15分、2100円。

フランス発のボードゲームながら、フランス年間ゲーム大賞のみならず、ドイツ年間ゲーム大賞まで受賞したボードゲーム『ディクシット』。その続編はパッケージとカードをコンパクトにして、持ち運びも便利にし、価格もぐんと抑えたお手軽バージョンだ。ルールもスピーディになっている。

プレイヤーの中の1人が語り部となり、場に並べられた9枚の抽象的なイラストが描かれたカードの中から指定された1枚について、その絵柄から連想される言葉(歌でも、演技でも可)を言う。ほかのプレイヤーは語り部のヒントをもとに、どのカードを表しているか当てる。当たったらポイント。外れたら、語り部のポイントになるが、全員が外れたら語り部の失点になってしまう。

ほどほどに分かりやすいヒントをうまく出せるか、またそのヒントをうまく読み取れるかという、『ディクシット』の楽しさをそのまま継承している。

カードのイラストは、『ディクシット』よりもアブストラクト味が増して、表現に工夫が必要となった。簡単なルールで、スタイリッシュなカードイラストと、その他のコマ類を使わない持ち運びに便利なシンプルなコンポーネントで老若男女で楽しく遊べる、リアルタイム・コミュニケーションパーティゲームだ。

ホビージャパン:ディクシット

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください