ドミニオン日本選手権、三津家和彦氏優勝

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

7月14、15日と2日間にわたって東京・板橋で開催されたドミニオン日本選手権は、三津家和彦氏(ドミニオン木曜会)が優勝し、日本代表の座を射止めた。8月17〜18日にアメリカ・インディアナポリスで行われるドミニオン世界選手権に出場し、2大会連続の日本人優勝を狙う。

大会参加者は200名。予選で60名に絞られ、前回大会でベスト4だったシード選手を加えて64名で決勝が行われた。決勝では『陰謀』のほか5つの拡張を加えて5回戦が行われ、8名が準決勝に進出。全セットからのサプライにより、2卓の上位2位が決勝に進んだ。決勝は、スタートプレイヤーを回しながらニ戦先勝のサドンデス方式。マジック・ザ・ギャザリング日本選手権の優勝経験者でもある三津家氏が、3戦でけりをつけて優勝した。

三津家氏が所属し、今年『ドミニオンマニアックス』を発行したことでも知られるドミニオン木曜会からは、準決勝8名中7名、決勝4名中全員を占めるという、圧倒的な強さを今年も見せつけている。

当日のサプライは以下で公開されているので、参加しなかった人も激戦を振り返ってみてはいかが。

同日開催された『世界の七不思議』日本選手権は22名が参加。ソエダ・タカヒコ氏が優勝し、7&iの商品券が贈られた。また『ディクシット』日本選手権は10名が参加。ゲームサイト「暮しとボードゲーム」のサー・カワカミ氏が優勝し、星の王子さまポップアップ絵本をゲット。『ビブリオス』日本選手権は7名が参加。AAさんが優勝してソニー電子書籍リーダーを獲得した。ほかにも『髑髏と薔薇』12人プレイや、『ピクトマニア』日本語版体験卓などで盛り上がっていたという。

ホビージャパンゲームフェスティバル2012結果発表!
ドミニオン:木曜会:ドミニオン日本選手権2012反省会

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください