『世界の七不思議:都市』多言語版、10月上旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

世界の七不思議:都市ホビージャパンは10月上旬、文明発展ゲーム『世界の七不思議』の拡張セット第2弾「都市(Cities)」を発売する。2〜8人用、13歳以上、40分、3150円。

版元のルポ・プロドゥクシオン(ベルギー)が「指導者たち(Leaders)」に続いて発売し、今年のエッセン国際ゲーム祭に新作として出展される最新の拡張セット。盗賊、密偵、外交、傭兵などの新たな要素が加わり、新たな局面をもたらす。

「傭兵部隊」、「賭博場」、「闇市場」、「大使館」などの27枚の新たな建造物「都市カード」が導入され、古代の都市の文明発展に新たな要素が加わる。また「ペトラのエル・カズネ」と「ビザンティウムの聖ソフィア大聖堂」の2つの七不思議、「ベレニケI世」、「カリギュラ」などリーダーカード7枚、ギルドカード3枚も付属。さらに、8人用ルールとチーム戦ルールも新たに紹介している。「指導者たち」と合せてプレイすることも可能。

遊ぶには『世界の七不思議』が必要。日本語を含む多言語仕様のため、カード名や都市名は、ローマ字表記になっている。
Amazon.co.jp:世界の七不思議都市 (CITIES) 多言語版
世界の七不思議:都市

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください