『ボードゲームナビ2012-03』発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ボードゲーム専門誌『ボードゲームナビ』の第3号(2012-03)が27日、新紀元社より発売された。B5版、94ページ、1680円。

今号の特集は「エッセン・シュピール2012」。10月にドイツ・エッセンで行われ15万人が参加した世界最大のボードゲームメッセを、各出版社ブースの様子や、シュピールの変化をテーマにレポートする。

もう1つの特集は「デザイナー鈴木銀一郎」。翔エンタープライズから精力的に新作を発表し続けている銀爺こと鈴木銀一郎氏と、その作品50タイトルを一挙に紹介する決定版だ。

レビューはアークライト社、ホビージャパン社の日本語版ボードゲーム、同人ボードゲーム。人気同人ボードゲームサークルのカワサキファクトリー、操られ人形館、倦怠期のデザイナーノートも付いている。リプレイ「ボードゲーム・パーティー」では、女優の福永マリカ氏、江藤遥氏、お笑い芸人の門田樹氏、阿見201氏、放送作家の渡辺創氏が、『チーキーモンキー』 と『悪魔城への馬車』をプレイした様子を伝える。

応募者全員プレゼントとして『電力会社』の「産業スパイ」、『最初の火花』の「占卜」プロモーションカードが用意されている。

ボードゲームナビ公式サイト:ボードゲームナビ2012-03
ふうかのボードゲーム日記:ボードゲームナビ2012―3を買ってみた

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください