フェイム・アス(Fame Us)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ああ、あの人ね!

「お金持ち」「図々しい」「テレビに出る」などのカードを1枚ずつ増やしながら、その全てに合致する有名人を考えるコミュニケーション系ゲーム有名人を考えるゲーム。『こんなもの、どんなもの(Ein solches Ding)』と同じルールだが、人を当てるというところが特徴となっている。

自分の番には手札から場に1枚出すか、パスして1枚引くか、前の人にチャレンジするか。しばらくは「ああ、あの人ね!」とかいいながら1枚ずつ出していくが、枚数が増えるにつれて「そんな人いたかな・・・・・・?」という疑問が起こってくる。迷ったときは砂時計を使って、落ちるまでに決めなければならない。

「そんな人いねーよ!」と思ったらチャレンジ。前の人は、それまでに出たカード全てに当てはまる人を言わなければならない。言えればチャレンジした人がペナルティー、言えないか、言えても全員の投票で却下されれば前の人のペナルティーとなる(山札からカードを引かされる)。

例えば「失恋したことがある」「テレビに出る」「タイムトラベラー」あたりはドラえもんとか、バック・トゥ・ザ・フューチャーのマーティーなどが考えられるが、その中に誰かが「実在する」とか出した途端、チャレンジするかどうかが難しくなる。最終的には投票で決まるので、こじつける方法も。

勝敗は『キャット&チョコレート』式で、予めチームカードが配られており、ゲーム終了時に残った手札の合計が少ないチームが勝つ。やみくもに反対できないようにしたルールだ。

フェイム・アス

写真は「苗字がない」「刑務所に行くべき」というところでざわざわ。でも一応いそうだということで進んだが、チャレンジされたhataさんがジョジョのキャラクターを言い、「そいつは苗字があるよ」ということで否決されていた。ディーヴァスチームの勝利。

カードを出すたびに、「あの人は違う」「この人は微妙か」などとみんながコメントすると楽しい(「この人は当てはまる」とは決していわないのがポイント)。思いつかなくても、みんなのコメントがヒントになって、出すカードが見つかることもあるし、思いつかないのに適当に出してみたら次の人がスルーすることもある。このブラフの要素もまた楽しい。

Fame Us
C.エルミア/アスモデ(2011年)
4~8人用/10歳以上/15分
国内未発売

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください