第2回500円ゲームズ、GM2013春に24団体

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

低価格で面白いボードゲーム、カードゲームを作成・販売するプロジェクト「第2回500円ゲームズ」が、ゲームマーケット大阪に引き続いて、ゲームマーケット2013春の参加団体を発表した。前回を超える24団体が参加し、出展タイトル数も37タイトルと大幅に増えている。

発表されるのは『テトラコンボ(カワサキファクトリー)』『Patronize(OKAZU Brand)』『ダンジョンオーダー(Hammer Works)』『九百億の魔物の書(遊星からのフリーキック)』『俺の天使ちゃん(ワンナイト人狼と愉快な仲間たち)』など。出展を表明しただけで、タイトルをまだ発表されていない団体もある。有名どころから初出展まで、SLG系からドロッセルマイヤーズワークショップ出身まで、さまざまな団体が参加した。

これらは基本的に各団体のブースで販売されるが、500円ゲームズ自体でも企画用ブースを出し、8タイトルの販売と、出展ブースの案内と各デザイナーの方に取ったアンケートを掲載したチラシの当日配布を行うという。

第2回500円ゲームズ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください