『酔いどれ猫のブルース』日本語版、3月23日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

酔いどれ猫のブルースニューゲームズオーダーは23日、R.クニツィアの名作カードゲーム『酔いどれ猫のブルース(Katzenjammer Blues)』日本語版を発売した。2~6人用、10歳以上、30分、1800円。

ゲームデザイナーR.クニツィアの作品が、来日中に発売された。山札からめくった猫カードを、手札の猫カードを出して競る。同じ数字の猫カード4枚を集めればネズミチップをもらい、ネズミチップの一番多い人が勝ち。競りに使ったカードはなくなってしまうため、どのカードをどの組み合わせで出すかが悩ましい。また、どの数字の代わりにでもなるジョーカーを一番使った人、最後まで使わなかった人は失点になってしまうところもジレンマが楽しめる。

オリジナルは1998年にゴルトジーバー社(ドイツ)から発売され、『カッツェンジャマーブルース』という邦題で流通していた。絶版後もネットオークションで高騰するなど根強い人気で、クニツィアの作品を積極的に日本語版化しているニューゲームズオーダーによって『ノミのサーカス』に続いての発売となった。

ニューゲームズオーダー:酔いどれ猫のブルース
play:game評価コメントリスト:カッツェンジャマーブルース

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください