スマッシュアップ(Smash Up)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

宇宙人がゾンビを助ける

2つの陣営をシャッフルしてデッキを作り、みんなで秘密基地を攻撃するカードゲーム。日本語版が今月発売されたばかりである。カードのコンボが生み出す意外な効果が楽しい。

8つの陣営から2つを選び、それぞれ20枚ずつ、合計40枚のカードをシャッフルしてスタート。ここから手札を取ってゲームを進める。

カードは戦闘員カードとアクションカードの2種類があり、手番には基本的に1枚ずつ出せる。戦闘員カードは、場に並んだ秘密基地へ。アクションカードはその効果を適用して捨て札へ。

秘密基地は共同で攻略する。戦闘員には攻撃力がついており、全員分の合計が秘密基地の防御力以上になったときに、秘密基地が陥落して勝利点の分配を行う。

勝利点は予めカードに書かれており、基本的に攻撃力の多い順に高い。1位の勝利点がずば抜けて高ければ、ほかのプレイヤーの追随を許さず全力で攻撃したほうがよいだろうし、あまり佐がなければ少しだけ出して様子見するのがよいだろう。勝利点の合計が規定点に達した人の勝ち。

スマッシュアップ

以上がゲームの基本的な流れであるが、このゲームの特徴は戦闘員もアクションも派手な効果をもっていることだ。戦闘員は仲間が集まると攻撃力がアップしたり、捨て札の戦闘員を再利用したりするし、アクションカードは同じ秘密基地にいる戦闘員をよそに移動したり、捨て札にしたりしてしまう。2つの陣営の組み合わせがかみあうと、強力な効果がある。

今回、私の選んだ陣営は宇宙人とゾンビ。宇宙人の戦闘員に出すたび1点入るというのがおり、ゾンビのアクションで捨て札から手札に戻せるというのがあった。これで戦闘員を出して1点、捨て札になったら回収というのを繰り返して点数を集め1位。karokuさんはロボットと恐竜だったが、強いカードが山札の下のほうに眠っていた。ふうかさんは海賊と妖精だったが、効果がうまく噛み合わず。

陣営の組み合わせをあれこれ試してみるのも楽しそうだが、その場その場で生まれるコンボの意外性を楽しむのがよさそうだ。

Smash Up!
P.ピーターソン/アルデラック・エンターテインメント・グループ(2012年)、アークライト(2013年)
2~4人用/12歳以上/45分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください