『ドミニオン:ギルド』日本語版、8月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドミニオン:ギルドホビージャパンは8月下旬、デッキ構築カードゲームの人気シリーズ『ドミニオン』の拡張セット第8弾『ドミニオン:ギルド(Dominion: Guilds)』を発売する。2~4人用、8歳以上、30分、3150円。王国カードは13種類で、箱のサイズは『錬金術』『収穫祭』と同じ中サイズ。

このセットでは、領主たちがさまざまな技を学んでギルド(同業者組合)に加わり、商売に励んでいくことがテーマになっている。付属するコイントークンは『海辺』と『繁栄』の金貨トークンを発展させたもので、後の手番に持ち越して好きなときに支払うことができる。また、購入コストより多く払うとその分だけ山札を見たり、カードを安く買えたりする効果がある王国カードが特色で、コイントークンと組み合わせればより多く支払って効果を強められるようになっている。

オリジナルの発売元であるリオグランデ社(アメリカ)は、この作品を最後の拡張セットと位置づけているが、デザイナーのヴァッカリーノ氏によれば、将来的に出版社の要望によって制作することもあるとしている。しかし今後は少なくとも、これまでのような定期的な発売は行われない。

ホビージャパン:ドミニオン
Dominion Game:Dominion Guilds

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください