ボードゲームアプリ紹介本、本日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ボードゲームのアプリを紹介する『アプリでボドゲ~スマホやタブレットで遊ぶ卓上ゲーム』(書苑新社/アトリエサード)が本日発売となった。徳岡正肇著、1575円。

今、人気ボードゲームのスマホ/タブレットアプリ版移植が相次いでいる。『ボードゲームナビ』や『ボードゲーム・ストリート』などの書籍や、いくつかのブログで紹介されているものの、定番から新作まで網羅的に見ることがこれまでなかった。また中には英語版しかないために遊び方が分からないものもある。

本書では、『カタンの開拓者たち』から『人狼』など有名どころから、著者おすすめの知られざる名作まで45本を紹介(iphone対応38本、ipad対応45本、アンドロイド対応13本)。特徴や遊び方を丁寧に解説するので英語版でも怖くない。QRコードも付いて、ダウンロードサイトを探す手間も省ける。

カードゲーム、すごろく、競り、陣取り、街づくり、デッキ構築、ウォーゲームというジャンル分けと、難易度の記載により、自分にぴったりのボードゲームが見つかるだろう。

紹介されているタイトルは次の通り。
(1)カードゲーム ラミィキューブ/ボーナンザ/ロスト・シティ/モダンアート・カードゲーム/ゴールド! /フードファイト/フラックス
(2)すごろく キャント・ストップ/ケルト/ケルト・オラクル
(3)競り ラー/メディチ
(4)陣取り ローゼンケーニッヒ/おい、それは俺の魚だ! /キングダム/砂漠を越えて/サムライ/スモールワールド/キングダム・ビルダー/ティカル/キクラデス/チグリス・ユーフラテス
(5)街づくり 乗車券/カルカソンヌ/カタンの開拓者たち/ストーンエイジ/キングスブルグ/ズーロレット/プエルトリコ/サンフアン/ル・アーブル
(6)デッキ構築 バトル・オブ・ガンダバッド/アセンション/ナイトフォール
(7)ウォーゲーム 信玄上洛/レヴィ・アン・マス/バトル・オブ・ザ・バルジ
(8)そのほか 人狼ゲーム牢獄の悪夢/スコットランド・ヤード/タイムライン/エルダーサイン:オーメン/ルート・アンド・スクート/ラビリンス/どうぶつしょうぎ/展覧会の絵

アトリエサード:徳岡正肇「アプリでボドゲ〜スマホやタブレットで遊ぶ卓上ゲーム」2013年9月5日発売

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください