アミガサタケ:森に棲むキノコ達(Morels)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

美味しいキノコ、集めました

森の中からキノコやフライパンを集めて調理する2人ゲーム。アメリカのゲーム愛好者夫婦が立ち上げた出版社で、この作品が初めての作品である。今後も、2人ゲームを発表していくという。

盤上には8枚のカードが並んでいる。これは森にキノコが生えている様子を表す。手番には、ここからカードを取るか、同じキノコ3枚とフライパンで調理するのが基本。同じキノコを集めて、得点にするというセットコレクションである。

アミガサタケ

キノコの種類はたくさんあるが手札の枚数に制限があり、いろいろな種類をキープしておくことはできない。3枚集まりそうにないならば、2枚で売却してスティックをもらうこともできる。森のキノコは、手前(右)の2枚は無料で取れるが、そこから奥はスティックが必要(森の奥に分け入って取ってくるイメージ)。いいカードは、相手に取られないようにスティックで先取りしたい。

キノコは種類によって、調理したときの得点と、売却したときのスティックの本数が異なる。タイトルにもなっているアミガサタケは全体で3枚しかないレアなキノコで、調理が成功すれば高得点になる。日本テイストで描かれたシイタケも。

カードはキノコとフライパンのほかに、手札の上限を増やすカゴ、4枚以上調理するときに一緒に出せばボーナスになるバターとサイダー、2枚分になるけれども何が出るか分からない夜キノコ、調理済みの料理にダメージを与える毒キノコがある(普通は取らないが、残り物からまとめてとるときに取ったほうが得になる場合もある)。

カードを取ったら、一番右のカードを残り物にして、右に詰め、空いたところにカードを補充する。残り物はまとめて取れるところだが、価値の高いキノコは望めないだろう。森のカードが全部なくなったらゲーム終了。調理したキノコの得点を合計して多い方の勝ち。

ふうかさんと勝負。バター狙いでキノコを集めていたが、狙ったキノコがなかなか出てこない。手札がいっぱいになってしまったので仕方なく3枚で調理。しかし安いキノコなのであまり得点にならない。その間、ふうかさんは夜のキノコを当ててどんどん調理していき、シイタケも取られる(全体の枚数が分かっているので、片方が調理するとこちらは調理できないことが判明する)。こちらはなかなか同じキノコが集まらなくて万事休すかと思われたが、最後の最後にアミガサタケがやってきた。ふうかさんが、夜のキノコの博打で外れている間に、アミガサダケの調理がぎりぎり間に合って勝利。

思うように調理が行かない中でのマネージメントと駆け引きが悩ましい作品である。

Morels
B.ポヴィス/トゥーランターンゲームズ(2012年)
2人用/10歳以上/30分
テンデイズゲームズ:アミガサタケ:森に棲むキノコ達

コメント(2)

直感で、ほんのり大好きな90年代テイストの匂いがします!(あてずっぽう)

そんな感じですね。カードにテキストが全然書かれていないのも好感度大です。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください