キテレツ カップリングパーティ(Speed Dating)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ダメな大人に神降臨

キテレツカップリングパーティー

カード3枚で作ったキャラクターに、ぴったりの異性をマッチさせるフランスのパーティーゲーム。日本語版が今月21日に発売になった。男性カード181枚、女性カード181枚に、これでもかというくらいユニークな性格が書いてある。日本語版にあたりローカライズしたと思われるものもあって、眺めているだけで飽きない。

男性カードは「困ったときはネコ型ロボットが助けてくれる。」「カレーは飲み物です。」「巨乳は嫌い。」「妻がいるが、それは等身大の美少女フィギュア。」など、女性カードは「「こりん星」から歩いてやってきた。」「収入の半分はペットの食費で消える。」「口癖が「ごめんなさい」なの。ごめんなさい。」「父親が将軍様。兄は大佐殿。」など。1人(親)が、男性か女性どちらでもよいので、3枚組み合わせてターゲットを決める。

ほかの人はその3枚を見て、異性のカード3枚を出してアピールする。ただ出すだけではなく、その性格にはこれがぴったりというようなプレゼンをしたほうがよい。手番の順はなく、思いついた順に。つまり大喜利系である。

ただし、誰が一番面白かったかではなく、あくまでターゲットにマッチしているかどうかが問題だ。全員のプレゼンが終わったら、親は一番ピッタリな異性をプレゼンしたと思う人を、ほかの人は親が選ぶと思う人を一斉に指差す。親に選んでもらえた人、親が選ぶ人を当てた人はそれぞれ1点獲得。これをプレイヤー人数行って、得点の多い人が勝つ。

7人で一時間弱。1枚1枚対応させてきっちり対応していく人と、3枚ともインパクトのあるキャラクターで圧倒する人に分かれた。きっちり対応させたつもりでも、審判は親である。親のツボにはまるようなポイントを読んでプレゼンできるかがカギとなった。大喜利系ゆえ得意不得意の差は大きいが、ギャンブルまみれで無一文とか、ダメな感じのキャラクターが次々と現れるのが笑えた。

Speed Dating
B.フェイドゥッティ、N.グランペリン/ルテイア(2012年)・アークライト(2013年)
3~6人用/14歳以上/40分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください