カード付き書籍『今夜はじめる人狼ゲーム』、10月31日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

スモール出版は10月31日、カード付き書籍『今夜はじめる人狼ゲーム』を発売する。著者と監修はドロッセルマイヤーズの真城七子氏と渡辺範明氏。A5判フルカラー48ページ、人狼ゲームカード22枚付きで1600円。

今夜はじめる人狼ゲーム

今年5タイトル目(『会話型心理ゲーム 人狼(JIN-ROU)』『人狼 ~嘘つきは誰だ?~カードバトル』『「人狼」カード&プレイブック』『タブラの人狼』日本語版に続いて)となる人狼ゲームセットの一般発売。独自の視点で欧州文化史を描いてきた作家・真城七子氏と、「嘘つき村の人狼」など大規模人狼ゲームイベントの草分け的存在であるドロッセルマイヤーズが手がけたこだわりの一冊だ。

人狼の最大のハードルとして、未経験者だけで挑戦する場合の、司会進行役の難しさがある。本書ではその解決のため「ゲームブック方式」を採用。細かいチャプターに分割されたゲームシーンを、文中のガイドに沿ってページ移動し、読みあげていくだけで、誰でも簡単に司会進行役がこなせるようになっている。

また、付属するゲームカードは、ドロッセルマイヤーズが決定版を目指してデザインしたもの。厳選された8種類の役職の中には、イベント「嘘つき村の人狼」で好評だった「墓あらし」や、本作初登場の「旅芸人」など独自の面白さを発揮するオリジナル役職もあり、人狼ゲーム熟練者にも新鮮な面白さを提供する。黒を基調としたデザインも雰囲気を盛り上げるだろう。

ドロッセルマイヤーズブログ:新作発表!今回は...?

今夜はじめる人狼ゲーム(カード)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください