シュピール'13:ハンブルク(2)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ハンブルク駅前に泊まって2日目、朝食バイキングで優雅な朝を迎える。同行していたふうかさん、karokuさん、神尾さんとおしゃべり。ドイツのホテルは、チーズやハムの種類がたくさんあるのがよい。

中央駅から地下鉄で10分ほど、昨日船で通った倉庫街の一角にミニチュアワンダーランドがある。ペガサスシュピーレが昨年発売した『ワンダーランド』(TGiWレビュー)は、ここのグッズとして発売され、館内のショップで販売されている。

ミニチュアワンダーランド(1)
いくつかのエリアに分かれて展示されている。こちらは入ってすぐにあるスイス

ミニチュアワンダーランド(4)
昨日見てきた倉庫街の模型も。ハンブルクコーナーにて

ミニチュアワンダーランド(2)
ミニチュアをよく見るといろいろなところで事件が起こっている。ハンブルクの大火

ミニチュアワンダーランド(5)
スカンジナビアコーナーでは、本物の水を張って大型客船を浮かべる

ミニチュアワンダーランド(3)
中央管制室があって、スタッフが常時鉄道模型の運行状況をチェックしている

ディテールに凝りまくった展示にもうアドレナリンが出まくり。飲食を忘れて2時間ほど見入った。

さて、ワンダーランドを出るとすぐわきに「ハンブルク・ダンジョン」というお化け屋敷を発見。入ってみることにする。

魔女裁判やハンブルク大火、ペスト流行など史実に基いて、各部屋で紛争した役者が寸劇を見せるという仕組み。ドイツ語でまくしたてられてもよく分からなかったが、来場者をいじったりするので笑えるところもあった。床が揺れたり、最後にフリーフォールがあったりと恐いアトラクションも。来場時と、フリーフォールで写真を撮ってもらえる。

それから恒例、ハンブルク市内のボードゲームショップめぐり。シュピールプラッツという玩具店と、そのとなりのカールシュタットというデパートの玩具売場を見る。もうすでにコスモスやアミーゴの新作が並んでいる。エッセンではたくさんの新作が発表されるので、先行販売で買ってもらうチャンスを増やす作戦なのだろうか。

中央駅に戻ってホテルでスーツケースを受け取り、残った時間にビールとソーセージを食してエッセンに出発。季節はずれの温かさで、外で飲食するのが気持ちいい。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください