第2回アグリコラ世界選手権、チェコ代表が優勝

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

今月9日、ウィーン・ボードゲーム祭(オーストリア)の会期中にアグリコラ世界選手権が行われ、チェコ代表のD.カノフスキー(David Kaňovský)氏が優勝した。日本からは9月に行われた代表選考会から4名が参加し、Yoshizu Ryousuke氏が9位に入った。

第2回アグリコラ世界選手権
主催代表で『アグリコラ』のイラストレーターでもあるK.フランツ氏と握手するカノフスキー氏。賞品としてルックアウト社の新作『カヴェルナ』が贈られた。

前回の14カ国を超える16カ国からエントリー。世界選手権には各国4人まで代表が参加でき、46名が参加した。前回同様「世界選手権デッキ」(英語かドイツ語)23枚から7枚を使用。順位別にテーブルを組み直すスイス方式。4人卓の場合は1位から8,5,3,1点、3人卓の場合は7,4,2点が与えられ、3ゲームの総合得点で競った。

優勝したカノフスキー氏は3戦全勝で23点。2位はイギリス、3位はオランダ、4位はオーストリア代表。前回チャンピオンとして参加したR.ダム氏(デンマーク)は2戦全勝で最終卓に進んだが、3点差で沈み5位となった。初参加の日本代表はYoshizu Ryousuke氏が17点で9位、Yanagisawa Yuuka氏が14点で19位、Akiba Masatoshi氏が11点で31位、Asano Michiko氏が9.5点(端数は順位タイのため)で34位。参加者によれば、参加者レベルに差が大きかったため苦労したようだ。

第1回は2年前の2011年に行われたが、第3回の日程は未定となっている。

Facebook:Lookout Games

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください