ボードゲームイラストの個展、東京高円寺にて

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

11月26日から12月1日まで、東京高円寺の自由帳ギャラリー(JR高円寺徒歩10分)にて、ボードゲームイラストレーター「長谷川登鯉の個展」が開かれている。12:00~19:30(最終日~18:00)、入場無料。ゲームと画集の販売もあり。

『トンネルズ&トリックス(さとーふぁみりあ、2011)』、『ふしぎの森のおんがくたい(同、2012)』、『ヴォーパルス(I was game、2011)』、『セブンスナイト(池田康隆、2012)』、『ドラゴンズストーン(Power9Games、2012)』、『あやつりキングダム(ワンドロー、2012)』、『月夜の人狼(楽々亭、2013)』と数多くの作品のイラストを手がけている長谷川氏のイラストを展示。『セブンスナイト』、『ヴォーパルス』及び拡張『ヴィシャス』、『あやつりキングダム』、『ドラゴンズストーン』、『月夜の人狼』はゲームの物販もある。

そのほか、『詠み人知らず便利帳』も『月夜の人狼画集』『セブンスナイト完成塗装済みフィギュア』も販売されている。

長谷川氏本人は28日を除き毎日在廊するので、お話を聞くこともできるだろう。ギャラリーへのアクセスや物販の価格は下記ホームページを参照のこと。

studio H:長谷川登鯉の個展

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください