ウーゴ!(UGO!)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

調整して取りっくていきんぐ

ウーゴ!

シュピール'13では、2つのトリックテイキングゲームが注目されていた。1つが『エッベス』で、もう1つが『ウーゴ!』である。スカウトアクションでは『エッベス』が規定投票に達しなかったが、『ウーゴ!』は10位に入った。改めてドイツ人のトリックテイク好きが分かる。

『エッベス』はゲーム中に切り札や得点になるスート(色)が決まっていくゲームだが、『ウーゴ!』はゲーム中に何色まで得点にできるか決まっていくというゲームである。設定としては、王様ができるだけ広い土地をほしいが、得点になる土地は農夫が必要というもの。農夫のいない土地は失点になってしまう。

全員1枚ずつ出して、数字の一番大きい人が全員分のカードを取る。最初に出した人と同じ色を出さなければいけないが(マストフォロー)、切り札はなく(ノートランプ)、同じ色がなくてほかの色を出しても、とにかく数字が大きければ取る。そして自分が出したカードに描かれた数だけ農夫チップをもらう。

取ったカードは色別に分けて自分のボードに置く。一番上になっている数字が得点で、新しく取るたびに上書きされていく仕組み。最初は2色だけが得点になるが、農夫チップを置くことで3色、4色と得点できる色が増えていく。手札を使い終わったら1ラウンド終了で得点計算し、4ラウンドの合計を競う。

農夫チップが揃っていないところにカードが置いてあると、ラウンド終了時に失点になってしまう。そのため農夫チップの状況を見ながらカードを取りに行くか、取らないか(ほかの人に取らせる)を決めるところが面白い。ほかの人に取らせるときは、「0」のカードや、集めていない色を出してあげれば泣いて喜ぶ(?)だろう。

4人で30分ほど。最初は運の要素が強いと思ったが、だんだん狙い通りに農夫チップとカードを集められるようになってきた。手札全体を見てまず農夫チップが何枚手に入りそうかを考え、それに従って取るか取らないかを決めていく。一か八かの場面もあり、予想を裏切られるところもあるが、そこは盛り上がりどころ。終盤もう取りたくないのに要らないカードを押し付けられるのもまた一興である。

UGO!
R.ヘークストラ、T.ヤンセン、P.ズイドホフ/プレイジスワン(2013年)
2~4人用/10歳以上/30分
テイデイズゲームズ:ウーゴ!

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください