アークライト、『ラブレター』を5月31日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ラブレター(アークライト版)アークライトは5月31日、世界的に人気を読んでいる国産カードゲーム『ラブレター(Love Letter)』を発売する。カナイセイジ作、杉浦のぼるイラスト、2~4人用、10歳以上、5~10分、1998円。

さまざまな身分の協力者を使って、お城の姫に恋文を届けるカードゲーム。手札を1枚しかもたず、その内容をほかの人に気づかれないように行動しなければならない。2年前のゲームマーケットで発売され、日本ボードゲーム大賞で1位を獲得。イタリア語、英語、台湾語、中国語、韓国語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語、ギリシャ語、ポーランド語、フランス語、オランダ語の13ヶ国語で発売されている。ドイツでは2014年度に発売されており、これから選ばれるドイツ年間ゲーム大賞、ドイツゲーム賞、アラカルト・カードゲーム賞への入賞も有力視されている。

日本では500円ゲームズで発表された初版から、封筒に入った廉価版(700円)、萌え絵イラストのアンソロジー『プリンセスワンダー』(3990円)が販売されているが、今回は追加カードとして通常カードと入れ替えできる「王」「王子」「姫(ショート)」「姫(メガネ)」「伯爵夫人」「女公爵」の6枚と、テキストの入っていないカード22枚が入っているのが特徴。イラストはカナイ製作所おなじみの杉浦のぼる氏による木版画調で箱絵まで統一した。

世界が注目する日本のカードゲーム。まだ遊んでいない方だけでなく、廉価版をどこにしまったか覚えていない(薄い封筒なので見えなくなりやすい!)という方も、この機会に入手しておこう。

アークライトゲームズ:ラブレター
TGiWレビュー:ラブレター

ラブレター(アークライト版)コンポーネント

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください