レグロス(Leg Los!)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

レグロス

16枚並んだお題から、どの絵を表現しているか棒と円盤だけで当ててもらうクイズゲーム。作者のロッシは『アルケミスト』や『大勝負』などの作品で知られるが、クイズゲームも同じツォッホ社から『シュナップス』というゲームを発表している。制限時間以内にたくさん当ててもらうところが共通で、いかに情報を手早く出していくかがカギだ。

ボードの1~16番にランダムにタイルを並べたらスタート。親は番号タイルを引き、そこで指示されたお題を棒と円盤を並べて表現する。ほかの人はこれだと思ったお題を回答。正解が出たら次のお題に移る。こうして砂時計が終わるまで、できるだけたくさんのお題を当ててもらうことを目指す。

ポイントは2つあって、まず親は使用済みの棒と円盤が使えないところ。1つのお題にたくさんの棒と円盤を使ってしまうと、それ以降のお題で困ってしまう。要は16のお題が識別できればいいだけなので、目玉だったら円盤1つ、ピサの斜塔だったら棒2本など、できるだけミニマルに。

もう1つはほかのプレイヤーの回答権がお題1つにつき1回しかないこと。早い者勝ちなので、親が紛らわしい置き方をすると全員が一斉に間違って回答権を失ってしまう。また親でない場合は、お題ボードを見て、紛らわしいお題が出される可能性も想定しておいたほうがよいだろう。

とはいえ、ぽんぽん正解して得点するほうが効率がいいので、思いついたものをすぐ答えたほうがよい。ポイントは、お題ボードのほうをよく見ておくことだ。

6人プレイで30分ほど。最初は棒と円盤を見つめていたが、それだけで分かるはずがなかった。お題ボードをずっと見ておいて、親が最初の1個か2個を置いた時点で答える作戦に変更。これでリズムよく正解して挽回し1位。

ツォッホにしてはコンポーネントやイラストが大人しいが、「なんでそれだけで分かるの?」「もう棒がねーよ!」とかわいわいと盛り上がれる作品。

Leg Los!
C.ロッシ/ツォッホ(2014年)
3~6人用/8歳以上/30分
メビウスゲームズ:レグロス

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください