『クシディット王国記』日本語版、10月上旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは10月上旬、ファンタジー・ボードゲーム『クシディット王国記(Lords of Xidit)』日本語版を発売する。3~5人用、14歳以上、90分、8500円(税別)。

人気カードゲーム『十二季節の魔法使い(Seasons)』の続編として今年、リベユ社(フランス)が発売する作品。同ゲームの作者であるR.ボネセーが2002年に発表し、ドイツ年間ゲーム大賞(2005年)にノミネートされた『ヒマラヤ』(TGiWレビュー)を、豪華コンポーネントでリメイクした。『ヒマラヤ』は名作として今も人気があり、入手できないでいる人にとっては朗報だ。

プレイヤーは「クシディット」というファンタジー王国の貴族となり、王国を旅して兵を集め、脅威の迫る都市を取り戻さなければならない。そのため財産を貯め、吟遊詩人に己の名声を謳わせ、魔術師ギルドを建設して魔法社会の尊敬を集めていく。

ゲームの中心は同時プロットで、自分の行動を練りながら、相手の行動も気にする必要がある。脱落型得点方式により、終盤に近づくにつれてどんどん高まる緊張感。王国に平和を取り戻し、後継者となるのは誰か?

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください