シュピール'14:アスモデ・ゲーミングナイト

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

シュピール初日の夜に、会場近くのホテルで行われているアスモデ・ゲーミングナイトに参加してきた。

アスモデ(Asmodee)はフランスのボードゲーム出版社で、自社製品としては『ドブル』や『ジャングルスピード』など数えるほどしかないが、アメリカ、ドイツ、中国に支社をもち、フランス内外の出版社の製品を取りまとめて世界中に売るというビジネスモデルを確立している。

数年前からハズブロー社(アメリカ)に代わってシュピール入口の一番目立つブースを取っており、今ではらさらにホワッツ・ユアゲームズ?(イタリア)、パールゲームズ(ベルギー)などのシュピールで人気の出版社も束ねている。

ゲーミングナイトでは軽食を取った後、いくつかのテーブルに分かれて座った。そして7分という制限時間で、傘下の出版社が順番にプレゼンをして回るという仕組みだった。紹介された作品は20タイトル。すでに発売されているものもあれば、未発表の試作品もある。このプレゼンを聞いて、各国のディストリビューターは、その商品を買いたいか、現地語版を出したいか答える。

プレゼン中も自由に飲食できるので、朗らかな雰囲気である。プレゼンするほうもビールやワインを片手にもっている。フランス人デザイナーのB.フェデュッティが自作の試作品を紹介するとき、「日本語で知っているのはジャンケンポンとアイコデショ」と言っていたのには笑った。

今回プレゼンしたのは13社。参加した各国のディストリビューターは20社以上で、広がりの大きさに驚く。アスモデの支社を除くとドイツは出版社、ディストリビューターともに参加しておらず、ドイツ包囲網のような状態である。これまでボードゲーム業界をけん引してきたドイツが、主役の座をフランスに明け渡す日が来るかもしれない。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください