シュピール'14:スカウトアクション

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ボードゲーム専門誌『フェアプレイ』は、ドイツのボードゲームメッセ「シュピール」で発表された新作の人気投票「スカウトアクション(Scoutaktion)」を現地で行い、結果を発表した。この投票は重複投票を避けるため記名式で行われ、1~5の5段階で評価する(1が最高)。結果は以下の通り。

1位はS.フェルトの深海調査ゲーム『アクアスフィア』、2位はR.シュトックハウゼンの『オルレアン』、3位はイタリア人デザイナーコンビの『戦国』。プレイ時間90分以上の遊びごたえのあるゲームがランキングの殆どを占めた。

また規定票数には届かなかったが評価の高かったものとして、『アルルの大地(Arler Erde)』、『セイル・トゥ・インディア(Auf nach Indien!、OKAZU Brand作品のドイツ語版)』、『ブルーポイント(Blue Points)』、『ユーフォリア(Euphoria)』、『フラッシュフィッシュ(FrischFisch)』、『ヒストリア(Historia)』、『マヘ島(Mahe)』、『ミソトピア(Mythotopia)』、『ネーションズ・ダイスゲーム(Nations: Das Wüfelspiel)』、『マンハッタンプロジェクト(The Manhattan Project)』が挙げられている。

【フェアプレイ・スカウトアクション】(40票以上)
1位:アクアスフィア(AquaSphere/ホールゲームズ・ペガサスシュピーレ)1.87
2位:オルレアン(Orléans/dlpゲームズ)1.93
3位:戦国(ZhanGuo/ホワッツユアゲーム?)1.96
4位:アルケミスト(Alchemists/チェコゲーム出版)1.98
5位:デウス(Deus/パールゲームズ)2.02
6位:ムラーノ(Murano/ルックアウト)2.16/41票
7位:シュタウフェン朝の人々(Die Staufer/ハンス・イム・グリュック)2.17
8位:パッチワーク(Patchwork/ルックアウト)2.24
9位:ビースティバー(Beasty Bar/ツォッホ)2.39
10位:アビス(Abyss/ボンビックス)2.44
11位:コルトエキスプレス(Colt Express/ルドノート)2.49
12位:ファイブトライブス(Five Tribes/デイズオブワンダー)2.50

Fairplay Online:Tagesergebnisse der Scoutaktion 2014

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください