『コルト・エクスプレス』日本語版、12月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

コルト・エクスプレス日本語版ホビージャパンは12月下旬(1月上旬になる可能性も)、アメリカ開拓時代の大列車強盗をテーマにしたダイナミックなボードゲーム『コルト・エクスプレス(Colt Express)日本語版』を発売する。C.ランボー作、2~6人用、10歳以上、40分、5000円(税別)。

オリジナルはルドノート社(フランス)が今秋のシュピールで発売した作品。会場の人気投票「スカウトアクション」で11位に入っている(TGiWニュース)。さまざまな経歴を持つ無法者の一人となり、石炭会社の給料と、乗客を運ぶ列車強盗に挑む。

1899年7月11日:午前10時。ユニオン・パシフィック急行は、47名の乗客と共に、ニューメキシコ州フォルサムを出発した。数分後、頭上から慌しい足音が聞こえた。そして、次に銃声が響いた。重武装の強盗達が容赦無く、罪もない人々から財布や宝石を奪い取った! 果たして彼らは冷静に弾丸を避けられるのか? サミュエル・フォード保安官が付きっきりで見張る金庫に納められた、ナイス・ヴァレー石炭会社の一週間分の給与を盗み取るのに成功するのか? ゴールにたどり着く盗賊はただ一人だけ:ギャングの中で最も大金持ちのアウトローに!

列車強盗は計画から始まる。各プレイヤーは、順番にどのような行動をするのか、カードを重ねて置いていく。これを繰り返し、出したカードの山をひっくり返してカードの行動を解決するというプロット方式。この計画に従って、アクション映画さながらに、別の車両に移動したり、列車の屋根に上ったり、乗客から金品を巻き上げたり、ほかの強盗を撃ったり、格闘したり、お邪魔者の保安官を動かしたりする。

西部劇でおなじみの列車急ブレーキや、屋根の上でクレーンにぶつかるイベントはお約束。ゲームボードではなく、豪華な組み立て式の列車の上に、強盗と保安官のコマを置くので、さらに臨場感があふれる。ほかの強盗を出し抜いて、一番の金持ちとなるのは誰か。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください