『CV(履歴書)』日本語版、5月9日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

cosaicは5月9日、ポーランドの波瀾万丈人生ゲーム『CV(履歴書)』日本語版を発売する。F.ミルンスキ作、2~4人用、10歳以上、60分、4500円(税別)。5月5日に行われるゲームマーケット2015春にて先行発売される。

2013年にグランナ社(ポーランド)から発売され、英語版が国内でも人気の作品。タイトルは「カリキュラム・ヴィタイ(curriculum vitae)」の略で、履歴書の意味で世界共通で使われている。経歴の欄に書き込まれるであろう学歴、職歴、それに資格、趣味、家族などを、ダイスの出目でカードを集めて決めていく。

青年期のカードが場に並べられてゲームが始まる。自分の番にはダイスを4個振り、出た目の組み合わせで取れるカードを取る。カードにも目が付いており、その目は次回以降にダイスに加えられ、よりカードが取りやすくなる。こうしてカードの効果を累積させて、どんどん難しいカードに挑戦していこう。

出目は十字マーク(健康)、電球マーク(知識)、男女マーク(人間関係)、ドルマーク(お金)、ニコニコマーク(幸運)、ションボリマーク(不運)の6つあり、例えば「献血」というカードなら健康2つを支払って手に入れ、人間関係1つが付いてくる。終盤の老年期に登場する「孫」は、幸運2つ、人間関係、お金が必要になるが、幸運と人間関係と健康をもたらしてくれる。

ダイス目の割り当てで考えるところもあり、またカードの選択とダイス目の運不運によって就職難や華麗なる転身、趣味への傾倒など、会話が盛り上がるゲームでもある。カードのテキストが日本語になったことで、楽しさが数倍アップするだろう。

TGiWレポート:履歴書(CV)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください