『お邪魔者3 対決』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

メビウスゲームズとすごろくやは23日、役割を隠して金鉱を掘り当てるドワーフのカードゲームの最新シリーズ『お邪魔者3 対決(Saboteur: Das Duell)』日本語版を発売した。F.モイヤーソン作、1~2人用、8歳以上、30分、1500円(税込)。拡張セットではないので、単品でプレイできる。

ベルギー人デザイナーのF.モイヤーソンが多人数ゲームの『お邪魔者』を1人または2人でプレイできるようにした作品。2014年にオランダ語版が発売され、今年になって各国語版が発売されている。

カードを並べて相手より先に坑道を金鉱につなげることを目指す。坑道は両者共通だが自分だけが通れる扉をつけたり、トロールがいる通路を置いて邪魔をしたり、落石カードを使って通路カードを取り除いたりできる。正体隠匿の要素はなくなったが、金鉱に無事たどり着けるかどうかのドキドキ感は健在だ。

1人プレイでは決められたカード枚数でできるだけ多くの金鉱につなげることを目指す。作者のブログによれば、もともと1人プレイゲームとして開発して2人プレイルールを追加したものを、商業的な理由により2人プレイゲームとして発売され1人プレイルールが付属することになったという。

メビウスゲームズ:お邪魔者3 対決

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください