調布のあな・川口氏、プレイスペースをオープン

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ボードゲーム会「調布のあな」で代表を務める川口正志(かんちょー)氏は、8月29日(土)より、東京・東中野にプレイスペース「ディア シュピール(Dear Spiele)」をオープンする。土/日/祝日10:00~23:00、平日13:00~23:00、平日1時間300円~土日祝日全日2,000円まで。中古・新作ボードゲーム販売あり。JR中央線・東中野駅徒歩1分。

「調布のあな」は東京・調布市民会館にて2011年から月1回のペースで開かれているゲーム会で、現在は毎回60名ぐらいが参加している。川口氏のブログ「どうでもいい は なし」で伝えられるその様子は、いつも盛況だ。

「ディア シュピール」では、川口氏が所有するボードゲームを一挙公開し、500種類以上を常備。今はなきゴルトジーバー社のシリーズなど、マニア垂涎のボードゲームを自由に遊ぶことができる。プレイできるゲームの一覧はこちら

また、ゲームマーケットで長蛇の列ができることで知られる「ぼくのたからもの」でおなじみのボードゲーム販売も行われる。在庫は流動的とのことなので、行くたびに品揃えが変わるのを楽しめるだろう。

また、電源タップや据え置きレトロゲーム機もあり、アルコール・ソフトドリンクも提供される。仕事帰りや休日など、くつろぎの場になりそうだ。6卓あるので、貸し切ってクローズのゲーム会を開くという利用法も考えられる。

都内には常時ボードゲームを遊べるプレイスペースが10店舗ほどあり(ボードゲームの出来る、バー/カフェ/プレイスペース)、遊べる場所がどんどん増えている。

ディア シュピール

ディアシュピール

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください