『枯山水』新装版発売、4000部製造

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニューゲームズオーダーは本日、国産ボードゲーム『枯山水』新装版の出荷を始めた。8,640円。

『枯山水』は砂紋と石の配置で作る禅庭の美しさを競うボードゲームで、昨年11月に発売された。今年の年明けから新聞やテレビ局が盛んに取り上げて話題となったが、石のコマの塗装に手間がかかるため製造が追いつかない状態が続いていた。それでも毎月150セットずつ、今年5月までに合計1400セットが製造されている。

少部数の入荷のためボードゲーム専門店では品切れが続き、プレミア価格がつくことも。そこで今回、新装版として海外で製造されることになり、ようやく入荷になったという経緯だ。

新装版は4000部作られ、価格は8,100円から8,640円になった。輸送してもコマが傷まないように透明ブリスターを使ったため、収納性が良くなり、また追加ルール「名庭園公開」「2人用」、ルール修正「蓬莱山ボーナス・三尊石ボーナスは1人につき各1回」が加えられるなど、ルールもバージョンアップしている。

先月の当サイトの読者アンケートでは、まだ遊んだことがないという方が6割にのぼった『枯山水』(TGiWニュース)。興味があっても遊べなかった方に朗報だ。

GetNaviweb:8100円の手作りボードゲーム「枯山水」が大ヒットした理由とは!?

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください