シュピール15:『カタン』1040人プレイで世界新記録

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

10月10日、ドイツ・エッセンで行われている「シュピール」会場にて、『カタン』のギネス挑戦イベント「カタン・ビッグゲーム」が行われ、1,040名が参加し、世界新記録を塗り替えた。

『カタン』の同時プレイはボードを連結し、それぞれのボードに2人ずつ向い合って座り、それぞれ交互に手番を行う特殊ルール。ダイスの出目は全員共通で、中央のスクリーンに映し出される。都市は9軒もあり、となりのボードや相手の陣地に開拓地を建てるとボーナスもあって、25点先取でゲーム終了となる。

これまでの世界記録は2013年にアメリカ・インディアナポリスの「ジェンコン」で記録された922名。今年も7月に「ジェンコン」で世界記録挑戦が行われたが、失敗に終わっていた。

「シュピール」は16万人が参加する世界最大のボードゲームメッセで、しかもこのイベントのためにホールを1つ開放。参加費は1人7~13ユーロだったが、前売券は早期に売り切れ。当日は日本人も参加し、2時間にわたる熱戦を繰り広げた。世界新記録の報が伝えられると、会場から大きな拍手が起こっていた。

Catan:Catan - Big Game

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください