『サンクトペテルブルク第2版』日本語版、1月9日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは1月9日、ドイツゲームの名作『サンクトペテルブルク第2版(Sankt Petersburg: Zweite Edition)』日本語版を発売する。B.ブルンホファー&K.H.シュミール作、2~5人用、10歳以上、60分、5,800円(税別)。

2004年にハンス・イム・グリュック社(ドイツ)から発売され、ドイツ年間ゲーム大賞ノミネート(大賞は『チケットトゥライド』)、ドイツゲーム賞1位、アラカルトカードゲーム賞2位(1位は『サンファン』)、オーストリアゲーム賞・エキスパート部門賞、国際ゲーマーズ賞大賞、日本ボードゲーム大賞・海外フリーク部門2位(1位は『チケットトゥライド』)など高い評価を受けた作品。作者は発売当時、偽名で登録されていたが、ハンス・イム・グリュックのB.ブルンホファー氏であることが後から判明した。

2014年に発売10周年を記念してクラウドファンディングにかけられ、製品化された。クラウドファンディングでは、目標額2万ユーロ(約280万円)に対して、7万5千ユーロ(約1000万円)を集めている(TGiWニュース)。

ボードはあるが、メインはカードだ。職人、建物、貴族、アップグレードという4種類のカードを順番に購入していき、その効果で勝利点を競うというもの。職人たちの働きによって建物の建築資金を稼ぎ、国政にかかわる貴族たちに影響力を及ぼしていく。ときには働きの悪い役人の首を大物にすげ替えたり、宮殿を建てるために露店を潰したりすることも必要だ。資金繰りをよく計算した購入の選択が悩ましく、また自分の街の発展していくのが楽しい。

第2版では、これまで4人までしか遊べなかったところを5人までに増やし、市場フェイズのルールや、拡張に入っていた紫のアクションカードも収録。オリジナルルールと、新ルールのどちらでも遊べるようになっている。

内容物
ゲームボード:1枚  チップ類:11枚  紙幣:382ルーブル
黄金のシンボルコマ:5個  ルールブック:2冊  5色のディスク:25個
人物コマ:10個  カード類:208枚

アークライトゲームズ:サンクトぺテルブルク 第2版 完全日本語版

サンクトペテルブルク第2版(コンポーネント)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください