『電力会社:株式上場』日本語版、1月23日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

電力会社:株式上場アークライトは2016年1月23日、名作経営ゲーム『電力会社』の最新の拡張セット『電力会社:株式上場(Funkenschlag: Die Aktiengesellschaften)』日本語版を発売する。F.フリーゼ作、2~6人用、12歳以上、120分、3,000円(税別)。プレイするためには『電力会社』または『電力会社デラックス』が必要。

『電力会社』の10番目の拡張セットで今秋のエッセン・シュピールで2Fシュピーレ(ドイツ)から発表された。プレイヤーはさまざまな株式会社の株主となって、財産を築くことを目指す。

市場で最も大きい電力会社の配当を手に入れることを目指すルールと、自らが小さな株式会社を経営して電力市場で成功することを目指すルールがあり、後者では、株を売って資金を得、そのお金でライバルの成功した会社の株を手に入れる。これまでの拡張セットや発電所を組み合わせると、222通りの組み合わせで遊べるという。

内容物
●株券:54枚  ●スタートプレイヤー・カード:1枚  ●企業ボード:6枚
●株価トークン:7個  ●株価ボード:1枚

アークライトゲームズ:電力会社 拡張 株式上場

funkenschlag_agJ2.JPG

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください