Game Jamboree第2号

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ゲームマーケット2015春の創刊号に続き、2015秋に第2号が発売された同人情報誌『Game Jamboree(ゲーム・ジャンボリー)』。情報が新しく、深く、そして面白い。価格も800円と手頃で、一読をおすすめしたい。

紙媒体の情報誌は、ウェブと比べると情報がどうしても遅くなってしまうものだが、この書籍で取り上げられているゲームは『ヴィレッジオブファミリア』(ワンドロー)や『暗黒議会』(操られ人形館)など、ゲームマーケット2015秋でお目見えしたばかりの最新作。しかもこれらのゲームのプロモーションカードまで付いてくる。これを読んで買うかどうかを考えてもよい。

情報も深い。ヤポンブランドの健部氏が執筆したエッセン・シュピールの成り立ちでは、当時のドイツのボードゲーム事情に詳しくなれる。ドイツのボードゲーム情報誌であるシュピールボックス誌とペッペルレビュー誌の説明など、ウェブでこれだけのものを読むことはできない。

台湾、上海のゲーム事情も非常に読み応えがあるが、圧巻は「完全保存版ゲームマーケットの歴史」。これまで25回行われているゲームマーケットのイベントや、全カタログの表紙はまさに保存版。そして創始者である草場純氏と山上新介氏のロングインタビューは、忘れ去られつつあるゲームマーケット初期の様子だけでなく、今まであまり知られてこなかった海外からの参加を伝える。

さらに、カナイセイジ氏のダイスゲーム『Eight Epics』をダイスを使って遊ぶゲームブックにしたコーナーや、田中としひさ氏のマンガ、朱鷺田祐介氏の「ゲームマーケットでお宝探し」など、面白い読み物がたくさん。同人サークルまでもが情報満載で、最初から最後まで何度も繰り返して読みたいマガジンだ。

企画・編集のふじわらみどり氏は、現在ボードゲーム情報誌がないことを憂い「次にどこかから出るまでのつなぎとして作っている」と仰っていたが、なかなかどうして、この情報誌がこれからも長く続いていくといいなと思う。

Game Jamboree
すごろくや:ゲームジャンボリー2015秋
Role & Roll Station:GAME JAMBOREE 2号

コメント(1)

内容はどうあれ、表紙にアニメの女の子が描かれてるのは手に取りづらいですね。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください