東京・自由が丘で女性ボードゲームデザイナー展、今週末

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

女性ボードゲームデザイナー4組が、それぞれの作品を展示販売する展覧会「plaaaay!展」が12月12日(土)、13日(日)の2日間、東京・自由が丘のギャラリー「KIAN」で開かれる。東横線/大井町線自由が丘駅徒歩4分。両日とも12:00~17:30、入場無料。12日16時からはオープニングパーティーも開かれる。

出展するのはdecmee(『スワンデート』)、矢野由布子(『ひらがなセンテンス』)、矢部たつこ(『理想の人格ポーカー』)、山中麻未(『ヴォルプスヴェーデ 村と4人の芸術家たち:1894-1937』の4組。独自の世界観やクリエイティブの美しさに触れながら、のんびり頭の体操をすることができる。

『スワンデート』は「井の頭公園でボートに乗ったカップルは別れる」というジンクスに負けないで写真撮影をする2人用協力ゲーム、『ひらがなセンテンス』はランダムにめくられていくひらがなを組み合わせてテーマに合った文章を作るゲーム、『理想の人格ポーカー』は人間の長所と短所を組み合わせて理想の人格をつくるコミュニケーションゲーム、『ヴォルプスヴェーデ村と4人の芸術家たち:1894-1937』はドイツ北部の芸術家村で共同体を守りつつ作品を制作するゲーム。そのほかに『うかい』『理想の天職ポーカー』『驚異の部屋:芸術に隠されたアレゴリー』を加えて合計7タイトルが展示される。

期間中は作品の試遊・購入ができるだけでなく、オリジナルステッカーも販売される。気軽に足を運んでみよう。

plaaaay!展

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください