『バイブルハンター トリニティ』2月21日発売。三部作が完結

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

バイブルハンタートリニティ株式会社キリスト新聞社は2月21日、ゲームマーケット2016神戸にて『バイブルハンター トリニティ』を発売する。デザイン・中村誠、グラフィックデザイン・TANSAN & Co.、イラスト・ましう・NORIKO、1~6人用、8歳以上、15分、2,300円(税別)。単体でも、既刊の『バイブルハンター』シリーズと組み合わせても遊ぶことができる。

2014年に発売された『バイブルハンター』『バイブルハンター アドベント』に続く第三作。プレイヤーは聖書に登場する多彩な人物を召喚し、失われた聖書を獲得する。今回の人物カードには「イスカリオテのユダ」「マグダラのマリア」など、エルサレム入城、最後の晩餐、イエスの処刑(受難)、復活というクライマックスに関わる最重要人物が登場。「イエス・キリスト(昇天)」がプロモーションカードとして同梱される。

聖書の中でも最も本質的で難解といわれる「三位一体(トリニティ)」。バイブルハンターはこの謎を解き明かすことができるだろうか?

同社の聖書コレクションシリーズは『バイブルハンター』『最後の晩餐~裏切り者は誰だ』『バイブルハンターアドベント』『ロストバイブル』『バイブルリーグ』に続いて6タイトル目となる。

バイブルハンタートリニティ(コンポーネント)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください