曖昧フェイバリットシングス(Eye My Favorite Things)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

まさかの1位は・・・

曖昧フェイバリットシングス

ほかの人の好きなものを予想して強弱を競うコミュニケーション&カードゲーム。ゲームマーケット2015秋で初出展のするめデイズが発表した3タイトルのひとつ。よく知っている人の知らない一面を垣間見ることができる。

「好きな食べ物」「好きなゲーム」など、各自となりの人に聞いてみたいテーマを決めて渡す。そのテーマをうけて、6枚のカードにランキングを書き込むのが第1フェイズだ。好きな順番に「1」から「5」まで、どうでもよいものは「0」に書き込む。スリーブを使い、書き込んだ内容は見えるが、数字はカードの下になって見えないようになっている。書き終えたら質問した人に渡して第2フェイズへ。

第2フェイズはこのカードを1枚ずつ出して強弱を勝負していく。スタートプレイヤーから時計回りに出し、全員が出したら数字をオープン。基本は一番数字の少ない人だが、「1」があれば「0」を出した人、同じ数字ならスタートプレイヤーに近い人が勝ち、切手トークン(1点)をゲット。これを5回繰り返してラウンド終了となる。

回答を見て、「この答えなら3ぐらいかな」「これは絶対0でしょう!」などとコメントし合いながら出すのが楽しい。そしてその予想は往々にして外れる。「うそでしょ!」これでまた盛り上がる。逆向きに2ラウンド目を行ってゲーム終了。切手トークンを最も多く集めた人が勝つ。

5人で30分ほど。私が受け取ったお題は「好きなボードゲーム出版社」。1位はルックアウト社と思われたが、ハンス・イム・グリュックだったというオチ。ふうかさんは「好きな航空会社」。アラブ系がどう評価されるのか見ものだった。写真は長男の「好きなゲーム」。スーパーマリオワールドとスーパーマリオUSAのどちらが上かなんて、分からない分からない。こんな感じで、ひとつひとつのお題で話が膨らんだ。

各自が回答を書き込んでいる時間が間延びするが、それを補って余りある盛り上がりの展開が楽しめる。合コンゲームという評価もあるようだが、家族で遊んで子供のことをもっと深く知てもいいし、男性だけで遊んで思いっきり下ネタに走ってもよい。遊ぶメンバーによっていろいろな楽しみ方ができるゲームである。

曖昧フェイバリットシングス
青山大樹(ニルギリ)/するめデイズ(2015年)
3~5人用/12歳以上/30分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください