ドイツのボードゲーム市場、前年比10%増

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツのボードゲーム出版社協会(Spieleverlage e.V.)は1月24日、ニュルンベルク玩具見本市の開催に合わせて2015年のボードゲーム売上を発表した。

発表によると、2015年の「ボードゲームとパズル」のジャンルは前年比10.3%の売上増。キッズゲーム全体で20%以上、未就学児向けのキッズゲームで12%、ファミリーゲームで17.8%の増加になったという。前半期で8%増加していたが、後半期にさらに伸ばした。

2014年には温暖な気候とワールドカップのためアウトドアの支出に押され、売上が落ち込んでいたが、2015年には完全に回復しただけではなく上積みもできたようだ。同協会の議長を務めるH.フッター(フッフ&フレンズ社)は「我々はドイツのボードゲーム業界の代表として活発な国内需要に喜んでいるだけでなく、依然としてドイツのボードゲーム出版社とデザイナー魂がこの20年、世界的なボードゲームの文化革命を起こしたことにも喜んでいます。そしてこのみんなの熱狂がボードゲームが高品質を保ち、成功し続けるための一番の保証となっています。ボードゲームは老いも若きも結びつけ、新しくて革新的なボードゲームのアイデアを試し、購入しようと足繁くお店に向かわせるのです。」と述べている。

Spieleverlage e.V.:Treibhausklima für Umsätze in der Spielekiste 2015

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください