クニツィアの『アタッケ』日本語版、3月29日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

cosaicは3月29日、R.クニツィアのカードゲーム『アタッケ(Attacke)』日本語版を発売する。イラスト:末弥純、3~5人用、8歳以上、15~30分、1800円(税別)。

オリジナルは1993年にFXシュミット社より発売された作品。アラカルトカードゲーム賞で2位を受賞している(1位は『シュティッヒルン』)。また『アイバンホー』(2000年、GMT)、『ジェムディーラー』(2008年、フレッドディストリビューション)にリメイクされている。23年経って今もなお色褪せていない作品。

プレイヤーは騎士として剣、斧、槍、モーニングスター、格闘という5つの競技に次々挑み、そのうち4種類で誰より早く勝利することを目指す。システムはカードの色の縛りがある競りゲーム。プレイヤーは手札の中から1つの競技に対応する色のカードを順番に出していき、出したカードの合計値が最も大きいプレイヤーがその競技で勝利したことになる。

競り負けてもカードは返ってこないので、どこまでカードを出すかの読み合いが、ヒリヒリするような駆け引きを生む。攻めどきと引き際を的確に判断できる騎士こそが真のチャンピオンだ。

play:game評価コメントリスト:アタック

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください