『カード・オブ・クトゥルフ』日本語版発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

クロノノーツゲームズは3月1日、クトゥルフ神話をテーマにした協力カードゲーム『カード・オブ・クトゥルフ(The Cards of Cthulhu)』日本語版を発売した。I.リチャード作、1~4人用、10歳以上、60分、6800円(税別)。

ダン・ヴァーセン・ゲームズ(アメリカ)から2014年にキックスターターを経て発売された作品。プレイヤーは「探索者」となり、仲間と共にクトゥルフの下僕たちや恐怖と戦う。

ボードは4つの教団に分かれており、いろいろなモンスターたちが登場する。プレイヤーは特殊能力をもった仲間やスペシャルアイテムを得てこれに対抗する。いずれかの教団に、クトゥルフの下僕が6体以上まで増えて倒せなければ、下僕が旧神を呼び出して敗北となる。そうなる前に、教団デッキをなくさなければならない。

手番には山札から4枚カードをめくり、下僕ならば対応する教団ボードへ置き、アイテムや仲間ならコストを支払って入手できる。そして下僕を指定し、ダイスで戦闘。見事倒せれば経験値が入り、これで魔法の呪文を獲得できる。アイテムや呪文のコンボで効率よく退治しよう。多人数プレイでは各々異なるキャラクターを担当し、協力してプレイを進める。

クトゥルフ神話の世界のイメージを投影したグラフィックが、ずっしりと重い空気感を醸し出す濃密なゲームだ。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください