F.グルーバー逝去、ドイツゲーム興隆に貢献

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

90年代のドイツゲームの興隆に大きな貢献を果たしたドイツ人ゲーム評論家F.グルーバー氏が18日、癌で逝去した。59歳だった。

『カタン』の作者K.トイバー氏が1993年に立ち上げたTMシュピーレにメンバーとして加わり、玩具会社のジンバ・トイズに紹介してゴルトジーバー・レーベルを生み出した。TMシュピーレがゲーム開発を担当し、『レーベンヘルツ』や『ミシシッピ・クイーン』など、数々の傑作が生まれた。

また同じ時期に、『カタン』の成功で急激に成長したコスモス社に入り、2008年までマーケティング・広報を担当。『カタン』シリーズを全世界に広めるのに大きな役割を果たした。

その後ドイツ年間ゲーム大賞の顧問を1年務めた後、マテル社に勤めていた。

spielbox:Fritz Gruber spielt nicht mehr mit
TGiW:TMシュピーレ―ドイツ・ゲームメーカーの系譜―

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください