『エルダーサイン』日本語版、改訂2版が7月23日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは7月23日、クトゥルフ神話の協力型ダイスゲーム『エルダーサイン(Elder Sign)』の改訂2版を発売する。R.ロニアス&K.ウィルソン作、1~8人用、14歳以上、60~120分、4200円(税別)。

オリジナルはファンタジーフライト社(アメリカ)の製品。2012年春に日本語版、同年秋に改訂版がリリースされているが、このたび4年ぶりにルールの細部を修正して再々版されることになった。価格も少しではあるが

プレイヤーは探索者となり、次元の狭間に棲むクリーチャー「エンシェントワン」と戦う。特殊なダイスを振って、未知のクリーチャーが巣食っている博物館を探索し、その付近での事件に立ち向かっていく。勇気とスキルで「旧き印」を獲得し、「エンシェントワン」を封印することを目指す。

ゲーム中、深夜12時になるたびに「エンシェントワン」の目覚めが近づいてくる。行動に手間取って封印が間に合わなければ、人類は破滅の淵に立つことになるだろう。

内容物:カード(大)80枚、カード(小)76枚、特殊ダイス8個、時計盤1枚、各種トークン・マーカー147個、エントランスシート1枚、ルールブック1冊

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください