シュピール16:出展、初の1000団体超え

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

10月にドイツで開かれる世界最大のボードゲームメッセ「シュピール」で、出展団体が初めて1000を超えることが主催のフリードヘルム・メルツ社の発表で明らかになった。昨年の911団体から約1割増となる。

国別でも昨年の41から50カ国に増加。会場も昨年から2ホール追加される。新作の増加に対応して、プレス用の前日プレビュー用にも1ホール用意されることになった。現在、ドイツのボードゲーム市場は前年度比で1割ほど売上が伸びており、昨年16万2千人だった参加者もさらに増える可能性が高い。

入場チケットは今月からオンラインで購入可能となっている。1日券が13ユーロ+手数料、4日通し券が31ユーロ+手数料。12歳以下の子ども、学割、障害者割、家族割、10人以上の団体割がある。1日券には、地下鉄乗り放題付きで+2ユーロもある。

Friedhelm Merz Verlag:Opening hours and tickets

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください