ゲームマーケット2016秋:参加者12000名

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

12月11日(日)に東京ビッグサイトで行われた日本最大のアナログゲームイベント「ゲームマーケット2016秋」は、冬の寒空のなか多くの参加者が訪れ、約12000名が参加したことを、ゲームマーケット事務局が発表した。前回(2016年4月)の「ゲームマーケット2016春」から+1000名、約9%増となった。

539団体(前回比+59)の出展者が、342(前回比+86)タイトルの新作をはじめ、旧作・輸入・中古ゲームが並べて迎えたゲームマーケット。午前10時の開場時には2500名が待機列を形成し、その後も人が途絶えず前回の規模を上回ることになった。リアル謎解きゲームマーケット「ゲームマーケットの人狼」は650名が参加したほか、新作ゲームサンプル展示コーナー、都内のボードゲームカフェバーによる出張プレイスペース、TRPGイベント、どうぶつしょうぎ体験会、子供ゲームコーナーと幅広いメニューが用意され、それぞれの愛好者が集まった。

毎回成長しているゲームマーケット、今後の予定は「ゲームマーケット2017神戸」が3月12日(日)に神戸国際展示場にて、「ゲームマーケット2017春」が5月14日(日)に東京ビッグサイトにて行われる予定。オリジナル新作ボードゲーム評価アンケートはゲームマーケット事務局でまもなく間もなく開始される見込み。

ゲームマーケット公式サイト:ゲームマーケット2016秋 来場者数報告

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください