クニツィアの名作競りゲーム『メディチ』日本語版、12月29日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

cosaicは12月29日、ドイツの人気ボードゲームデザイナーR.クニツィアの名作競りゲーム『メディチ』日本語版を発売する。イラスト・末弥純、2~6人用、10歳以上、60分、3000円(税別)。

オリジナルはアミーゴ社(ドイツ)から1995年に発売された作品。メディチ家が権勢を誇っていた中世ヨーロッパで商人となり、世界中から集まってくる香辛料や織物などを競り落とすゲームで、『モダンアート』『ラー』と並んでクニツィアの三大競りゲームに数えられる。

手番プレイヤーは1枚ずつ商品をめくり、1~3枚まで好きなところで競りを行う。こうしてラウンド終了時、競り落とした商品の数字や種類ごとに枚数が多い人にお金が入る。お金を使って競りを行い、その結果またお金をもらうので、損得勘定をしっかりしなければならない。

1ラウンドで競り落とせるのは1人合計5枚までで、4枚競り落とした人は、1枚の競りにしか参加できない。自分がほしい商品ならばできるだけ安値で手に入るよう、またほしくない商品ならばほかの人にできるだけ高値で競り落としてもらえるように枚数を調整していく。カードが1枚めくられるたびに各プレイヤーの思惑が交錯し、駆け引きが楽しめる作品、ついに日本語版の登場だ。

play:game評価コメントリスト:メディチ

コメント(1)

今年はGrail GamesからVincent Dutraitがアートワークを手掛けた名再販があったのに、何故それの日本語版を出さないのか・・・

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください