プフェファークーヘル2018に『アズール』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

今年度の新作ゲームの人気を占う「プフェファークーヘル(Pfefferkuchel)」の結果が7日、ドイツのボードゲーム情報サイトにて報告された。

「プフェファークーヘル」は、イースターの休日を利用して約400名の参加者がホテルに集まり、1週間ボードゲームを遊ぶイベント。参加者は気に入ったゲームを3つまで挙げ、これに上から3,2,1点として集計している。このランキングで上位だったゲームが秋に発表されるドイツゲーム賞に入りやすく、予備投票に近いものとして注目される。

今年の一番人気は『アズール』。昨年秋の発売以来、高く評価されているタイルコレクションゲームで、日本語版も2月に発売されたが品薄となっている。2位はノルウェーの戦略ダイスゲーム『サンタマリア』、3位はドイツの戦略ダイスゲーム『バイオスフィア』。

10位以下は次の通り。今年もこの中の多くがドイツゲーム賞に入賞すると考えられ、また現在選考が行われているドイツ年間ゲーム大賞・ドイツ年間エキスパートゲーム大賞へのノミネートも期待される。

【プフェファークーヘル2018】
1位:アズール(Azul/プランBゲームズ)160点
2位:サンタマリア(Santa Maria/アポルタ)89点
3位:バイオスフィア(Biosphere/DDD出版)88点
4位:ガンジスの藩王(Rajas of the Ganges/フォイヤーラント)85点
5位:クヴェードリンブルクのやぶ医者(Die Quacksalber von Quedlinburg/シュミット)76点
6位:ザ・マインド(The Mind/NSV)65点
7位:アルティプラーノ(Altiplano/dlpゲームズ)65点
8位:ウッドランド(Woodlands/ラベンスバーガー)39点
9位:レース・トゥ・ニューファンドランド(Race to the New Foundland/ハンス・イム・グリュック)37点
10位:イスタンブール:ダイスゲーム(Istanbul - Das Würfelspiel/ペガサスシュピーレ)35点

Brettspielbox:Pfefferkuchel - Oberhof 2018

リンクフリー このバナーをお使いください