『文絵のために』が朗読劇に 1月下旬新宿にて

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ワンドローは2019年1月25~27日、新宿THEATER BRATSにて、ボードゲームを原作とした朗読劇『文絵のために』を上演する。昼「武雄編」夜「文絵編」の2回公演、チケットは全席指定でA席5000円から、S席7500円からクラウドファンディングにて入手できるほか、ゲームマーケット2018秋のワンドローのブース(B19)にて、先行販売される。

『文絵のために』はカナイセイジ氏がデザインした謎解き要素が加わった2人用ストーリーゲーム。昨年秋のゲームマーケットにて、ネタバレ禁止のため試遊なしで販売された。マルチエンディングになっており、ハッピーエンドに到達することがなかなか難しいため、繰り返しプレイすることになる。

朗読劇でもシナリオが分裂し、結末が異なるという仕掛け。出演は本宮佳奈(椎名文絵)、市川太一(岩槻武雄)、夏陽りんこ(紀平加奈子)、本橋大輔(並木亮介)、水沢あや(内田理沙)、五十嵐勇紀(近藤慎二)、柴田遥加(設楽由奈)、佐野信明(田所健太)、柴田大吾(用務員)。脚本は舟崎泉美、演出は斎藤裕介(若手声優団体・声珈琲)が担当する。

日時は1月25日(金)14:00からと19:00から、26日(土)13:00からと18:00から、27日(日)13:00からと18:00から。チケットはクラウドファンディングにて開始されている。

MOTION GALLERY:朗読劇「文絵のために」をより多くの方にお届けしたい!

fumienotameni-rt.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください