機動戦士ガンダムのボードゲーム、来年3月28日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

gundamthegame1.jpgプレックスは来年3月28日、協力ゲーム『GUNDAM THE GAME -機動戦士ガンダム:ガンダム大地に立つ‐』を発売する。ゲームデザイン・アークライト開発チーム、1~4人用、15歳以上、30分、5600円(税別)。

国民的テレビアニメ『機動戦士ガンダム』がボードゲームになる。各プレイヤーは固有の能力やアイテムを駆使し、ストーリーパネル上のミッションに協力して挑む。

ストーリーパネルは第1話『ガンダム大地に立つ』〜第10話『ガルマ散る』を6つのシナリオに編成して収録。進め方によってはリュウやカイ、フラウがガンダムを操ることになるのかもしれない。また、バトルフィールドではジオン軍もザク、シャア専用ザクはもちろん、マゼラ・アタックやガウなどが多彩な攻撃で立ちはだかる。

使うまで伏せられているストーリーパネルでドキドキ感を味わいつつ、登場キャラクターになりきって、珠玉の機動戦士ガンダムを追体験しよう。

プレックスはバンダイナムコグループの玩具メーカーで、仮面ライダーやプリキュアなど、メジャーなキャラクターものを多く手がけている。ガンダム関連のボードゲームとしては、2010年にバンダイが受注生産で販売した『デックビルド機動戦士ガンダム』以来となる。

内容物:シナリオ6本(うち1本はチュートリアル):キャラクターシート計30枚(各シナリオ専用5枚)、ストーリーパネルカード計149枚(各シナリオ専用9〜31枚、77×110mm)、メカニックカード計38枚(各シナリオ専用6〜9枚、95x69mm)、戦闘イベントカード計40枚(各シナリオ専用5〜10枚、40×60mm)、ダイス6面,8面,10面各1個(今製品専用デザイン)、キューブ12個、アイテムカード計10枚(60x40mm)、早見表カード4枚(110x77mm)、キャラクターコマ計7個、メカニックコマ計30個、ホワイトベース表示コマ1個、ホワイトベースメーター1枚(2018年11月時点)

gundamthegame2.jpg
©創通・サンライズ

リンクフリー このバナーをお使いください