道路と鉄道をつなげよう『レイルロード・インク』赤箱・青箱日本語版、1月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは1月中旬、ダイス&紙ペンゲーム『レイルロード・インク』の「ディープブルー・エディション(Railroad Ink: Deep Blue Edition)」「ブレイズレッド・エディション(Railroad Ink: Blazing Red Edition)」を日本語版で発売する。ゲームデザイン・H.ハッチ&L.シルヴァ、イラスト・M.トランクイッリ、1~6人用、8歳以上、30分、各2000円。

ダイスをふって手元の地図に鉄道や道路のルートを書き込み、交通網を完成させるパズルチックな紙ペンゲーム。オリジナルは今秋、ホリブルゲームズ(イタリア)から発売された。デザイナーは『ドラゴンキャッスル』のコンビ。

ダイスには十字路やT字路の道路、直線や90度の鉄道が描かれており、出た目のパターンを各自の地図ボードにペンで記入し、できるだけ多くの出口につながる交通網を作り上げて得点を競う。

2つのバージョンともに基本ルールは同じだが、「ディープブルー・エディション」は河川と湖の拡張ルール、「ブレイズレッド・エディション」は火山と隕石の拡張ルールを入れて、障害物をうまく避けてルートをつなげるよりチャレンジングなゲームにできる。また、両バージョンを合わせると12人プレイも可能だ。

内容物:(両バージョン共通)ルートダイス4個、地図ボード6枚、マーカー6本、ルール1部、(ディープブルー・エディション)湖・河川ダイス4個 (ブレイズレッド・エディション)隕石・火山ダイス4個

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください