犯人は一体誰?『トリックと怪人』オインクゲームズから一般発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

オインクゲームズは11月24日、ゲームマーケット2018秋にて『トリックと怪人(Tricks and the Phantom)』を一般発売する。ゲームデザイン・齋藤隆、アートワーク・佐々木隼、2~4人用、9歳以上、15分、2200円(税別)。ゲームマーケット会場(エリア5)で試遊・購入可能(特別価格2000円)。

オリジナルはゲームマーケット2017秋でBrainBrainGamesから袋入り発売されたカードゲーム。ゲームマーケット大賞2018の優秀作品に選ばれている作品が、新パッケージでリメイクされる。謎の事件の捜査官となって犯人を探し出すが、容疑者の中には正体を偽る「怪人」が紛れており、捜査を撹乱する。

ゲームは人物カードを各自2枚ずつ配り、1枚を伏せて出し、その中で誰が犯人かを指差していくだけ。基本的には一番数字の高い人物が犯人で、カードを出したときにだいたいの強さ(3段階)も示されるが、それぞれ特殊効果があり、どんでん返しも起こりうる。犯人の予想は順番に行うので、ほかの人の予想がヒントになることもあるだろう。

さらに「怪人」はだいたいの強さを偽ってよいため推理は混迷を極める。間違って「怪人」を指差してしまうと勝利点を奪われてしまう。はたして「怪人」はいるのかいないのか、いるとしたらそれは誰なのか、それを見極めた者でなければ犯人にはたどり着けない。

全員が予想したらカードをめくり、どの人物が犯人だったかを確かめる。当てた人数によって得点が変わり、残り1枚の手札で2回目を行う。これを繰り返して規定点に達した人が勝つ。

少ないカード枚数とシンプルなルールからは想像できない推理小説のような展開が待っている。短時間で手ごたえある推理が楽しめる、ミステリー・カードゲームだ。

内容物:カード11枚、サマリー4枚、得点チップ計25枚、虫めがねチップ4枚、情報トークン3種12枚、遊び方説明書(日本語・英語)

オインクゲームズ:トリックと怪人

リンクフリー このバナーをお使いください